はじめに

カトリック上野毛教会のホームページへようこそ。

このホームページが、カトリック教会をお探しの皆様、
また上野毛教会の情報を必要とされる皆様、そして上野毛
教会に集う皆様にとって有用な情報源となれますことを願
っております。
このホームページを開いてくださるお一人おひとりの上に、
主キリストの平和と祝福をお祈りしております。

上野毛教会について

上野毛教会は、1952年(昭27)に男子跣足カルメル会により修道院の付属聖堂

て当地に設立されました。敷地内には、聖堂、信徒会館、修道院、黙想の家、

管区長館の五つの建物があります。祈りを中心としたカルメル会の精神のもと

宣教と司牧、聖書研究、黙想指導などが行われています。聖堂は祈りをささげ

人のために終日扉が開かれています。


主任司祭メッセージ

主任司祭 今泉 健

 ホームページをご覧の皆様こんにちは。カトリック上野毛教会主任司祭の今泉健と申します。ここに、当教会についての簡単な紹介をさせていただきます。
 上野毛教会の歴史は男子跣足カルメル修道会の来日にまで遡ります。1951年最初に来日したイタリア人の宣教師たちは、まず名古屋で活動を始め、1952年にはこの上野毛の地で修道生活を開始しました。その頃から、近隣の信徒や求道者がミサや司祭の講座に集まり出したのがこの教会の始まりです。その後、信者の数は増え続け、2010年には名簿上で2000人にまで上りました。
 これまで上野毛教会は、教会の制度としては修道院付属の共同体であり、隣の田園調布教会の分教会という形で歩んできましたが、東京教区の岡田武夫大司教様の勧めを受け、2013年 1月、準小教区として新しいスタートを切りました。「準」は付くけれども、実質的にはほぼ小教区と変わりはありません。「準」の付く意味は、一定の区域を持たないこと、および、カルメル修道会の霊性司牧と調和しながら信徒活動を行うところにあります。カルメル会の発信する様々な霊性企画も、この教会の信徒には身近なものとなっています。
 当然、上野毛教会に奉仕する主任司祭や他の司祭たちは皆カルメル会の修道者です。アビラの聖テレジアの精神に従い、日々兄弟的に生き、念祷を軸とした祈りの生活に励みながら、蓄えた霊的活力を持って教会に奉仕するよう努めています。カルメル会の目標は、生ける神に熱意を持って仕え、親しく交わり、その喜びを人々にも伝えることで神に栄光を帰することにあります。このような背景により、上野毛教会のカトリック信徒は皆、カルメル的な神との親しさの中で、様々な教会活動や信徒生活を奉げています。

 

お問い合わせ先
158-0093 世田谷区上野毛2-14-25
       カトリック上野毛教会
       Tel:03-3704-2171
       Fax:03-3704-1785

 

免責・禁忌事項